MENU

梅田の薄毛治療病院ランキング

薄毛治療に対する効果が高いアボルブ

薄毛治療にはいろいろな治療薬がありそれぞれ含有されている成分に違いがあります。
AGAは男性ホルモンが還元酵素によって脱毛作用のある男性ホルモンの一種に変換することが原因になっています。
この還元酵素にはT型とU型の2種類があります。
薄毛治療薬プロペシアの主成分はフィナステリドです。
フィナステリドはこの還元酵素のうちU型のみを抑制させる効果がありますが、T型まで抑制させる効果はありませんでした。
そこで最近梅田でも注目されているのがアボルブです。
アボルブの主成分はデュタステリドです。
デュタステリドならT型とU型の両方の還元酵素を抑制させる効果があるのです。
そのためU型しか抑制させる効果が無いプロペシアより、薄毛治療に対する効果が高いと言われています。
もともとデュタステリドは前立腺肥大症の治療に用いられてきた成分です。
そのため用法・用量とも前立腺肥大症の治療と同じで、デュタステリド1回0.5mgを1日1回服用します。
前立腺肥大症の治療に用いられてきたアボルブは保険適応外という形での処方となります。
デュタステリドは勃起不全や性欲減退などの副作用が確認されています。
効果が高い分、フィナステリド1回1mgを1日1回服用と比べると若干副作用が起こりやすいと言われています。
副作用が起きてしまったときはすぐに使用を中止します。
クリニックでは薄毛治療の無料カウンセリングを受付しています。

プロペシアを服用したけど効果が出なかったと言う男性患者さんで、さらに効果の高い薄毛治療を受けたい場合は梅田にもある無料カウンセリングでご相談してみて下さい。